ブラン監督経歴まとめ!いつから全日本で日本語は話せない?

  • URLをコピーしました!
当サイトには、プロモーションが含まれています。
スポンサーリンク

今回は「ブラン監督経歴まとめ!いつから全日本で日本語は話せない?」と題して、フィリップ・ブラン監督の経歴をまとめます!いつから日本代表監督を務めてる?日本語は話せなくて何語で指示?なども調査します。

男子日本代表を率いるフィリップ・ブラン監督!

ブラン監督の涙に、また感動してしまいました。

表情も豊かであったかそうな人柄が出ている監督ですよね。

そんなブラン監督の涙で日本男子バレー快挙の感動を倍増されてくれた、ブラン監督の経歴が気になりましたので、調べてみました!

一体いつから日本代表の監督を務めているのでしょうか。

ブラン監督は日本語が話せないの?

何語で選手に指示しているのかについても調べてみました。

そこで今回記事にしたのはこちらです。

この記事でわかること
  • ブラン監督経歴まとめ!
  • ブラン監督はいつから日本代表監督?
  • ブラン監督は日本語は話せない?
  • ブラン監督プロフィール

それでは本題です。

スポンサーリンク
目次

ブラン監督経歴まとめ!

バレーボール日本代表の監督を務めるフィリップブラン監督の経歴を以下でまとめていこうと思います。

ブラン監督の経歴、ブラン監督は元フランス代表のバレーボール選手でした。

ポジションはウイングスパイカー!

ウイングスパイカーとは、左右どちらかのサイドからスパイクを打つ存在で、攻撃の中心となるポジションのことだよ!!

その後、1991年より現役を引退し監督業を務めています!

それから今日に至るまで、監督として指導をされています。

ブラン監督、すごい素敵な表情ですね。

どんな経歴を辿った方なのか、次から細かくみていきましょう。

ブラン監督経歴|現役時代

ブラン監督の経歴を遡ってみると、フランスリーグやイタリアのチームで活躍し、バレーボール元フランス代表としても活躍していた選手でした。

所属していたクラブチーム以下の通りです。

所属年所属クラブ
1981年〜1989年モンペリエUC(フランス)
1989年〜1990年ピエモンテ・バレー(イタリア、通称クーネオ)

そのほかに、フランス代表選手としても以下のような活躍ぶり!!

  • 欧州選手権4回
  • 世界選手権2回
  • 1988年ソウルオリンピック

通算340試合に出場経験があるということです。

そして1986年フランス開催の世界選手権では最優秀選手に選出された経歴もあります。

活躍経験多数の優秀な選手だったのです!

ブラン監督は1991年に現役を引退しました。

ブラン監督経歴|欧州監督時代

フィリップ・ブラン監督は1991年に現役引退後は、現在まで監督業に勤しんでいます。

ブラン監督は監督業でも大活躍をしている監督です。

ブラン監督の日本代表監督に就任するまでの指導経歴は以下の通りです。

所属年所属クラブ
1991年〜1993年ピエモンテ・バレー(イタリア)
1999年〜2000年ASカンヌ(フランス)
2000年〜2001年アラゴ・ド・セット(フランス)
2001年〜2012年フランス男子代表(フランス)
2013年〜モンペリエUC(フランス)
2013年〜2016年ポーランド男子代表(ポーランド)

イタリアやフランスのクラブチームでも監督務めていらっしゃいますね!

そしてその後は11年にもわたってフランス男子の代表監督を長きにわたり務めました。

2002年の世界選手権ではフランス初の銅メダル獲得!

2003年の欧州選手権では準優勝!

そして2004年アテネオリンピックの出場をに果たしました!

なんとオリンピック出場はバルセロナ以来12年ぶりの、オリンピック出場となったのです。

すごいですよね🎵

その後も2006年ワールドリーグや2009年欧州選手権でも準優勝に輝き、フランス代表をチームを率いていました。

またフランスだけでなくポーランド代表の監督も務めていたのですね!!

ブラン監督経歴|日本でのコーチ&監督

ポーランド代表の監督を務め上げた後、フィリップ・ブラン監督は2017年よりぜ全日本男子代表のコーチに就任。

ブラン監督は、当時日本代表監督の中垣内祐一が交通事故で謹慎中、監督の代行も務めることも。

中垣内祐一監督が復帰した後も、なんとブラン監督が戦術面で実質的な指揮をとっている状態となったのです。

その後。2021年10月中垣内祐一監督が退任し、それに伴い、ブラン監督は日本代表の監督へ就任となりました。

そしてブラン監督のもと2023年7月、FIVBバレーボールネーションズリーグで日本は銅メダルを獲得!!

なんと日本は世界大会で表彰台に上がるのは46年ぶりだっと言います。

1977年のワールドカップで銀メダルを獲得して以来の大快挙!!

ブラン監督は名監督だということがわかりますね!!

ブラン監督の経歴を辿ってきましたが、選手としても活躍していましたが、指導経験も豊富で数々の業績を残されている方でした。

スポンサーリンク

ブラン監督はいつから日本代表監督?

フィリップ・ブラン監督はいつから日本代表の監督を務めているのでしょうか?

ブラン監督が日本代表の監督を務めているのは、2021年10月14日からです!

2021年10月14日、日本代表前任の中垣内祐一監督が退任されました。

それに伴い、ブラン監督は、日本代表の監督への就任が発表されました。

メダルに導いてくれた男子バレーボール日本代表の監督が、いつから日本を率いてくれているのかは気になりますよね。

いつからかと思いましたが、まだ監督になってからは2年も経っていないのですね。

https://twitter.com/_naaaaa_miiiii_/status/1683164964675284998?s=20

涙を流したブラン監督をみると、2017年からコーチとして選手に関わっていた分、選手との信頼関係も出来上がっているのだなと感じます。

ブラン監督は、バレーボール男子日本代表外国人監督は、2人目。

初めての外国人監督はゲーリー・サトウさんで、日系以外では初めてとなる監督なのです。

スポンサーリンク

ブラン監督は日本語は話せない?

ブラン監督は、日本語が話せません!!!

指示は全て英語だと言います。

フィリップ・ブラン監督は本来フランス語を話しますが、指示は英語で話しているのですね。

ただ主将・石川祐希選手とはイタリア語で指示したりもするという情報もありました。

石川選手とはイタリア語で指示や会話をするみたいですが。

yahoo知恵袋

石川祐希選手は現在、バレーボールイタリア1部リーグのセリエA・ミラノで活躍中の選手ですので、イタリア語で会話ができるのかもしれませんね。

まだ日本には2017年ごろからいるのですが、日本語はヨーロッパの方に取ったら難しいのかもしれませんし、日本語が話せなくてもそこまで困らないのかもしれませんね。

これからブラン監督が少し日本語を覚えて話したりすることはあるのでしょうか。

スポンサーリンク

ブラン監督プロフィール

ブラン監督のプロフィールをまとめました。

名前:フィリップ・ブラン

表記:Philippe Blain

生年月日:1960年5月20日

年齢:63歳

国籍:フランス

出身地:モンペリエ

身長 :193cm

体重:89kg

現役時代ポジション:ウイングスパイカー

ブラン監督、身長もすっごい高いですね!!

さすがバレーボール選手。

フランス人の方ですが、日本でかれこれ6年にも渡って日本代表選手を指導してくれてるんですね。

これからのバレーボール日本代表男子も、ますます楽しみですよね。

スポンサーリンク

まとめ

さて今回hあ「ブラン監督経歴まとめ!いつから全日本で日本語は話せない?」と題して、フィリップ・ブラン監督の経歴をまとめます!いつから日本代表監督を務めてる?日本語は話せなくて何語で指示?なども調査しました。

フィリップ・ブラン監督の経歴は、フランスやイタリアのリーグ、そして元フランス代表の選手として大活躍したバレーボールプレイヤーでした。

その後、1991年に現役を引退後は監督業を今日まで務めていらっしゃいます。

ブラン監督は、フランスの方ですがフランス代表だけでなく、ポーランド代表、そして日本代表のバレーボール選手たちの指導もされている監督です。

ブラン監督は、いつからバレーボール日本代表男子の監督を務めているのかというと、2021年10月14日からです。

ブラン監督は、日本語は話せないため、英語で指示を行っているますが、イタリアリーグで活躍中の主将・石川祐希選手とはイタリア語で話すという情報もありました。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次